ダニエル・クレイグ主演 映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(No Time to Die)』あらすじ(ネタバレ)・感想

評価 :5/5。

ダニエル・クレイグ主演の007シリーズの最新作です。

目次

作品情報

公開年:2021年
IMDbの評価:7.6/10
監督:Cary Joji Fukunaga

キャスト

Daniel Craig(James Bond)
Léa Seydoux(Madeleine)
Rami Malek(Lyutsifer Safin)
Lashana Lynch(Nomi)
Ralph Fiennes(M)
Ben Whishaw(Q)

あらすじ(ネタバレ)

マドレーヌは人里離れた湖畔で酒浸りの母親と長く帰ってこない父親と3人で住んでましたが、母と2人でいるとき、突然能面マスクの男が現れて、母親を殺します。マドレーヌも必死に逃げますが、逃げる途中凍った湖に落ちてしまい、氷から抜け出せなくなりますが、能面の男に助けられます。
時は経ち、ジェームズ・ボンドは007を引退し、マドレーヌと世界を旅していました。ジェームズは過去に決着を付けようと元恋人の墓に来ますが、墓は爆発し、何者かに追われます。マドレーヌの父親はスペクターだとわかり、ボンドはマドレーヌを疑い、2人は別れます。
その後、数年たち、ボンドは1人で人里離れて住んでいましたが、旧友のフェリックスと新人のローガンがロシアの科学者を探す任務をしてほしいと訪ねてきます。また、新しく007となったノミもボンドを誘います。
ボンドは折れて、キューバへ行き、パロマとともにパーティーに乗り込みます。主催者は刑務所にいるはずのブロフェルドでボンドを殺そうとしていましたが、科学者が細工してあり、スペクターが死んでしまいます。追われる中、科学者を捕まえ、フェリックスとローガンの元へと運びます。しかし、ローガンは敵で科学者と共に飛行機で逃げ、フェリックスは亡くなり、ボンドはなんとか生き延びます。
真実を知るため、ブロフェルドの元に行き、面会が許されてるのはマドレーヌだけと知り、マドレーヌと再会します。精神疾患を装いマドレーヌに会いに来たサフィンはあの時の能面男で自分の家族をマドレーヌの父親に殺され、復讐のためマドレーヌの父親を殺しに来たことが分かります。そして、サフィンはマドレーヌを助けたかわりにブロフェルドに毒で殺すことを頼みます。直前になってマドレーヌはブロフェルドと会わないことに決めますが、ボンドに着いた毒でブロフェルドは死んでしまいます。
その後、マドレーヌは失踪し、ボンドは心当たりの場所に行くと、マドレーヌと一緒にマチルドという小さな女の子がいて目の色からボンドは自分の娘と疑いますが、否定されます。家で過ごしていると何者かに追われ、それがサフィンの一味でローガンは倒しますが、マドレーヌとマチルドは連れ去られてしまいます。
ボンドとノミはサフィンを追い、島へと向かいます。その島ではヘラクレスという兵器を作っていてボンドたちはこれを破壊するべきと報告します。追っ手を払い、マドレーヌとマチルドを助け、2人はのみと共に島を脱出しますが、ボンドは島を破壊するミサイルが到達できるようシールドを開けなければならず、管制室へと向かいます。何人もかわしようやくシールドを開き、島を脱出しようとしますが、再び戻ります。そこにはサフィンがいてもみ合いになり、サフィンを倒しますが、ボンドはヘラクレスのウイルスを感染させられてしまいます。ミサイルはもうすぐ到達し、脱出も間に合わないし、出たら出たでマドレーヌにも感染させてしまうので出れず、シールドを開け、死を受け入れます。最後にボンドはマドレーヌと話し、マチルドは娘だと知り、ミサイルは島に到達するのでした。

感想

007は飛行機でスカイフォールを見たぐらいのかなりの浅い知識ですが、前を見てなくても置いてかれない内容でした。今回の舞台はイタリアやイギリスなどのヨーロッパでどこも景色が綺麗で行きたくなりました。カーチェイスシーンが多かったり、Ana de Armasが出ていたり、ボンドの恋人がかなり若かったりと男性向けに作られた感は強い映画ですが、Rami Malek演じるサフィンは狂気的でボンドを殺さず、スペクターを殺したかと思ったらマドレーヌをさらったり、マチルドを逃したと思ったら、ボンドを感染させたりと複雑でおもしろい敵だし、いろんな場所での戦いがあり、飽きさせないし、おもしろかったです。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドは死んでしまったけど、エンドロール後にジェームズ・ボンドは戻ってくると書いてあったので誰になるかが楽しみです。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイはどこで見れる?

007/ノー・タイム・トゥ・ダイは全国の映画館で公開中です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。Chihiroです。
映画・海外ドラマについて発信しています。
Netflix、Disney+、Hulu、Amazon Prime Video、Apple TVで毎日映画・海外ドラマ三昧の生活をしています。

目次
閉じる