ミュージカルドラマ『ジュリー・アンド・ザ・ファントムズ(Julie and the Phantoms)』あらすじ(ネタバレ)・感想・ロケ地・どこで見れる?

評価 :5/5。

母親を失い傷心のジュリーが3人の幽霊とバンドを組み立ち直り、前進していくミュージカルドラマです。

2011年にブラジルで放送された同名映画のリメイクです。

目次

作品情報

公開年:2020年
IMDbの評価:8.5/10
監督:Kenny Ortega

キャスト

Madison Reyes(Julie Molina)
Charlie Gillespie(Luke Patterson)
Owen Joyner(Alex Mercer)
Jeremy Shada(Reggie Peters)
Jadah Marie(Flynn)
Sacha Carlson(Nick)
Savannah Lee May(Carrie Wilson)
Booboo Stewart(Willie)
Cheyenne Jackson(Caleb Covington)

あらすじ(ネタバレ)

音楽好きな母を亡くしたJulieは音楽で母親を思い出してしまい、1年間音楽教室でも演奏できずにいて、そのクラスから追い出されてしまいます。Julieは家のガレージにいると昔、同じガレージでバンドの練習をしていたSunset Curveというバンドの三人の幽霊Luke、Reggie、Alexにあい、その幽霊は自分にしか見えないことがわかります。家族や友人にも励まされ、Julieは母親が書いた曲をガレージで歌い、それを聞いた家族はようやくJulieが立ち直ってくれたと嬉しく思い、Sunset Curveの三人はJulieが歌えると知り、一緒に音楽をやりたいと思うようになります。音楽のクラスから追い出されたJulieはなんとかして戻ろうと集会でゲリラで演奏します。そこにはバンドも来ていてバンドはJulieと演奏するとみんなにも見えることに気付き、また先生はJulieを音楽クラスに戻してくれます。Julieと演奏できると知った3人はJulieとバンドを組むことにし、演奏する予定を立てますが、Alexが親しくなった幽霊Willieに連れられてクラブに来て幽霊のCalebが人前でパフォーマンスしているのをみてバンドとしてクラブでパフォーマンスしないか誘われるも断り、Julieの元へいくももう時はすでに遅くJulieはバンドを組まなければ良かったと思い、バンド活動を休止します。バンド活動を再開させたい、ReggieとAlexはJulieにLukeは親と喧嘩したまま死んでしまい、幽霊になってからも良心の元に通っていて母親について書いた曲Emilyという曲があると知り、バンドを許します。その後、JulieはLukeが母親について書いた曲を両親に渡しに行き、両親はLukeの思いを知ることができ、Julieに感謝します。Julieはかつてから好きだったNickとの距離が徐々に近づきますが、近づくに連れLukeのことが頭から離れなくなってしまいます。クラブに行った後、3人には時折激痛が走り、これはクラブに行く時Calebがつけた印でCalebのいう通りにしないとだんだん弱っていくか生前やり残したことを行い、成仏するか選ばなければならなく、やり残したオルフェウムでの演奏をなんとかしてブッキングします。オルフェウムでの前座が始まる時間に3人はCalebに囚われていて、Julieは1人で演奏することを決心しますが、ギリギリのところで間に合い、公演は成功します。公演が終わり、3人は成仏したかに思えましたが、まだガレージにいてJulieが感謝の思いを伝えるとCalebのスタンプは消え、Julieは3人に触れることができるようになります。3人がクラブで演奏しないことに怒ったCalebはNickに乗り移るのでした。

感想

1話30分で9話しかないのでサクッと見終わりました。1話から面白くって1話のエンドロールの『Kenny Ortega』の文字を見て納得しました。現実や普通の映画では悪い人は見た目や第一印象じゃわからないし、良い人も悪い所があるし、一筋縄ではいかないところが多いですが、Julie and the Phantomsはディズニーチャンネルのようなドラマで悪い人は見た目も言っていることもみるからに悪かったり、わかりやすくってスッキリするし、もやもや感もないので一気に見ることができました。中でもCarrieが歌ったAll Eyes On Meは自信溢れすぎで誰かに好かれようとか全く思ってなくって面白かったです。Camp RockのTessみたい。Julieは声が特徴的で何度でも聴きたくなります。好きな曲はUnsaid Emily、Wake Up、Perfect HermonyでSpotifyで聴きまくっています。監督がKenny OrtegaだからかDecendantsのキャストもJadah Marie、Booboo Stewart、Cheyenne Jacksonの3人が出演していました。次のシーズンも楽しみです。

ロケ地

ジュリー・アンド・ザ・ファントムズはカナダのバンクーバーで撮影されています。

ジュリーとバンドメンバーが演奏するオルフェウム劇場は見たことあるなと思ったら実際にあり、バンクーバーの中心部グランビルストリートにあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。Chihiroです。
映画・海外ドラマについて発信しています。
Netflix、Disney+、Hulu、Amazon Prime Video、Apple TVで毎日映画・海外ドラマ三昧の生活をしています。

目次
閉じる