全世界で人気!ネットフリックスの韓国ドラマ『イカゲーム』あらすじ(ネタバレ)・感想・ゲーム内容・キャスト

評価 :5/5。

お金に問題がある人が集められ、優勝賞金をもらうため命をかけて戦うゲームです。

目次

作品情報

公開年:2021年
IMDbの評価:8.2/10
監督:Hwang Dong-hyuk

キャスト

イ・ジョンジェ(ソン・ギフン)
パク・ヘス(チョ・サンウ)
オ・ヨンス(オ・イルナム)
チョン・ホヨン(カン・セビョク)
ホ・ソンテ(チャン・ドクス)
キム・ジュリョン(ハン・ミニョ)

あらすじ(ネタバレ)

ギフンは働かず、借金をしてはギャンブルばっかして借金取りに追われ、離婚して離れて暮らす娘にもいい思いをさせられず、親の脛をかじって生きていました。娘が元妻の夫の仕事の関係でアメリカに行くと知り、お金もなく、自暴自棄になっていた所、謎の人物がメンコの勝負をしたら、お金をくれるといい、勝負することにします。最初は負け続きでしたが、最後に勝ち、お金を手に入れ、同じようなゲームをして勝てば賞金が出る大会があることを伝えられ、ギフンは参加することに決めます。約束の場所に行き、車に入ると眠らせられ、起きると番号がついた緑のジャージを着させられ、そこにゲームの参加者が集まっていました。そこには幼馴染でエリートのサンウ、ギフンがギャンブルで稼いだお金をすったセビョクなどがいました。

第1のゲーム

第1のゲームはだるまさんが転んだで人形相手にゲームが開始されますが、動いた人が次々と撃たれ、参加者は衝撃を受けます。ギフンはパキスタン移民のアリーに助けられ、なんとか死なずにすみます。勝者以外は死ぬとわかった参加者達はもうゲームを続けたくないと思い、「過半数の参加者がゲーム中止を望んだらゲームは中止できる」のルールに従い、投票をし、僅差でゲームは中止となり、家へと送られます。家に帰ると、ギフンの母親は足が悪く、入院していましたが、お金がないので退院したいと言い、ギフンは友達や元妻にお金を借りに行きますが、今までのことから誰もお金を貸してくれず、なけなしのお金でお酒を飲んでるとおじいさんと再開します。再びゲームの誘いが来てやはりお金が欲しいギフンはゲームに参加します。ギフンは警察にゲームのことを言うも誰も相手にしてもらえませんでしたが、そのことを聞いてたドシクは兄の失踪はゲームに参加しているからだと思い、ギフン達が連れ去られる船に乗り込み、変装し、潜入します。

第2のゲーム

第2のゲームはダルゴナの型抜きで事前にその内容を知っていた者達は三角の型抜きを選び、ギフンは1番難しい傘を選んでしまいます。ゲームに難航しますが、舐めれば型の部分が薄くなることに気付きなんとかゲームをクリアします。その後、食事が少なかったことで暴動が起き、殺し合いが起こります。

第3のゲーム

第3のゲームは綱引きで10人の仲間を集め、対決し、負けた方は落下し、死んでしまいます。ゲーム内容を知っていたドクスはガタイの良い男性を集め、ギフンのチームは女性とイルナムもいて負けると思われていましたが、イルナムの作戦とサンウの起点のおかげで勝利します。

第4のゲーム

第4のゲームはビー玉。まずは2人組を作らされ、また力勝負と思った参加者達は強そうな者と組み、イルナムは余っていましたが、見かねたギフンはおじいさんをパートナーに選びます。しかし、ゲームはビー玉を2人で取り合い、負けた方は死ぬと言うものでした。アリーと組んだサンウはアリーに負けていましたが、2人勝つ方法があると言い、ビー玉の袋をアリーにかけ参加者達の見回りに行くよう言います。実はサンウはすでにアリーのビー玉を奪っていてアリーは撃たれます。セビョクはジヨンと組み、1発勝負を行うことを決め、自分たちの過去を話します。セビョクは家族で脱北しましたが、父親は撃たれ、母親は戻され、弟は施設にいて、家族と過ごすためお金が欲しく、ジヨンは母親を殺した父親を殺し、刑務所に入り、出てきたところ、やることがなく、ゲームに参加したと話します。壁までの投げたビー玉の距離で勝負をつけることになり、ジヨンは生きる目的のあるセビョクに生きて欲しいとわざと負けます。ギフンはイルナムにゲームで負けていましたが、途中イルナムは認知症でゲームの勝ち負けがわからなくなり、ギフンは騙し、ビー玉を増やしていきます。勝利したと思ったらイルナムはまだ1つビー玉を持っていて、認知症のふりをしていたと告白しますが、2人組になる時自分を選んでくれた感謝もあり、ギフンに勝たせます。勝負が終わると2人組からあぶれたミニョは生きて待っていました。

第5のゲーム

第5のゲームはとびガラスで2つのガラスの1つは普通のガラス、1つは強化ガラスでどちらかを選んで進まなければなりません。順番は事前に数字の書かれたゼッケンを選び決まります。ここでVIP達が会場に来て、誰が勝つかを賭けていたことがわかります。ドシクはVIPの給仕係に変装し、自分を誘ってきたVIPを追い詰め、証拠の映像を掴みます。ゲームは躊躇する参加者達を後ろから押したり、前に進まないドクスをミニョが自分共々落としたり、最後、ジフン、サンウ、セビョク、ガラス職人の4人となり、ガラス職人が強化ガラスを見分け、前へと進みます。そのことに焦ったフロントマンは電気を暗くし、ガラス職人が進まなくなり、サンウはガラス職人を落とし、3人はゴールします。最後全てのガラスは飛び散り、飛び散ったガラスでセビョクは怪我をします。ジフンはセビョクの怪我に気付き、助けを呼ぼうとしたところサンウはセビョクを殺します。証拠を握ったドシクはゲーム会場から逃げ、上司に連絡し、証拠映像を送信しますが、フロントマンからは逃げられず、追い込まれます。フロントマンは仮面を脱ぎ、正体はドシクの兄で言い合いをし、ドシクは撃たれ、崖から転落します。

最終ゲーム

最後のゲームはイカゲームでジフンとサンウの勝負です。お互い一歩も引かない戦いでしたが、最後はサンウが倒れ、ジフンが勝利しようとしていたところ、サンウを殺したくないジフンは過半数がゲームの中止を望めばゲームは中止できることを利用し、棄権を申し出ます。しかし、サンウは自殺し、ジフンは勝利し、大金を手にします。 ジフンは自宅に帰りましたが、母親は死んでいて、その後、なんの意欲も出ず、お金も使えずにいました。1年後、○△□のマークの手紙である場所に来てほしいと言われ、行ってみると、そこには死んだはずのイルナムがいました。イルナムは大富豪でお金がありすぎて楽しみがなくなっていてお金持ち仲間と共に、ゲームをさせてかけをすることを思いつき、自分は楽しかった昔の頃を思い出したく、ゲームに参加したことを告白します。ギフンは絶望し、イルナムはその後、寿命を迎えます。ギフンはセビョクの弟を施設から連れ、サンウの母親に託し、お金も渡します。そして飛行機に乗り、娘の元に向かおうとしますが、途中でメンコ遊びをしてるのを見てまた同じゲームが行われるのを防ごうと引き返すのでした。

感想

最初はゲームをやり、勝者が選ばれるドラマかと思っていたら、全然それだけじゃなくって、ゲームの参加者それぞれの性格やサイドストーリーが描かれていたり、団結や裏切りなど死がかかったからこそ出る人間の良いところ、嫌なところが出ていたりと見所が多く、どんどん続きが見たくなるようなおもしろいドラマでした。初めは勝者が何人かいて、ギフン、セビョク、アリー、イルナムあたりが生き残るのかと思っていたら勝者が1人しかいないって言うのはびっくりでした。ギフンは最初借りたお金でギャンブルして親に働かせるという本当にどうしようもない人で負の感情しか抱きませんでしたが、ゲームを通じて優しさや思いやりの片鱗が見えてきてその変化の表現がうまく、イ・ジョンジェの演技に脱帽です。イルナムが黒幕って言うのは番号が1番だったり、ゲーム中止の時にたまたまギフンと会ったり、暴動のとき、イルナムがギフンのところには行かず、終わりの合図を出した時点で怪しく、予想外ではなかったし、ゲームを始めたきっかけもちょっと浅く、そこはもっとスッキリしたかったです。ピンクの人たちはどういう人なのかとか、なんで殺す必要があったかとか、ドシクの証拠映像はちゃんと警察に届いたかとか、ドシクの兄はなぜフロントマンになったのかとかまだ謎も多く、モヤモヤが残ったので次に期待したいです。

イカゲームはどこで見れる?

イカゲームはネットフリックスで見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは。Chihiroです。
映画・海外ドラマについて発信しています。
Netflix、Disney+、Hulu、Amazon Prime Video、Apple TVで毎日映画・海外ドラマ三昧の生活をしています。

目次
閉じる